開校の理念・教育目標・校章・校歌

開校の理念

  従来の定時制課程には、自らの価値観やライフスタイルに合った学習時間帯を希望する生徒や、様々な入学動機を持った生徒が在籍していました。札幌市立高校に対して、このような多様な生徒のニーズに対応できるよう、教育内容やシステムの一層の充実、改善を図ることが求められてきました。
 そこで、これまでの高校では十分に対応できなかった生徒一人ひとりの興味・関心、進路希望に柔軟に対応するため、全日制・定時制という枠組みにとらわれない新しいシステムと教育内容を取り入れた高校を開校しました。制課程には、自らの価値観やライフスタイルに合った学習時間帯を希望する生徒や、様々な入学動機を持った生徒が在籍しているのが現状です。札幌市立高校に対して、このような多様な生徒のニーズに対応できるよう、教育内容やシステムの一層の充実、改善を図ることが求められてきました。
 そこで、これまでの高校では十分に対応できなかった生徒一人ひとりの興味・関心、進路希望に柔軟に対応するため、全日制・定時制という枠組みにとらわれない新しいシステムと教育内容を取り入れた高校を開校しました。

校章の由来

 緑色の六角形は、札幌市の市章のシンボルとなっている雪の結晶を表し、緑豊かな立地条件から、緑の街「札幌」をイメージしています。 また、緑の濃淡は午前部、午後部、夜間部の三部制の大通高校を表現し、単位制により各部にまたがって履修ができることを示すため三つの六角形が連続しています。
 そして、デザインの中心に、世界に発信できるようにアルファベットで校名の中核になるSapporo Odoriを表しています。

教育目標

 

校歌