ミツバチプロジェクト

ハチミツ販売実習と今後の予定について

【平成29年度 販売実習予定(随時更新)】
さっぽろオータムフェスト2017は平成29年9月8日(金)~9月30日(土)

【常設販売】
センチュリーロイヤルホテル2階レストラン「ユーヨーテラス サッポロ」常設販売
(なくなり次第終了)
問い合わせ 011-221-3006
住所 北海道札幌市中央区北5条西5丁目2 センチュリーロイヤルホテル 2F
アクセス JR札幌駅徒歩3分さっぽろ駅(札幌市営)から213m

ミツバチプロジェクトとは

 ミツバチを飼育し、得たハチミツやミツロウを利用する活動を児童や生徒に体験させるプロジェクトです。また、ハチミツのパッケージデザイン制作や、ハチミツを利用したお菓子等を商品開発します。

   

ミツバチプロジェクトからの学び

 ミツバチプロジェクトからの学びを生徒たち自身が発信しています。

ミツバチプロジェクトの可能性

・季節ごとに採れる美味しい自然に感謝し、自然に関心を持つ心を育みます。
・自然や植物に感心を持って楽しみ、街に美しい花や美味しい蜜源が広がります。
・都市菜園など受粉昆虫によって交配の確立があがります。
・春、昆虫が少ない時期に、エゾヤマザクラなどの結実が期待され、森が豊かになります。
・持続可能社会の連係が広まります。
・環境指針生物のミツバチに興味を持ち環境問題、温暖化防止、生物多様性を考える機会を作ります。
・エネルギー現象問題に貢献し、環境循環型社会の形成に携わります。
・ミツバチを増やすことで、地産地消をし、環境や健康に良いコミュニティーが形成されます。

 
 

その他の活動

 札幌市生涯学習センターとの学社融合講座において市民と生徒が共にミツバチについて学習する「ミツバチが作るサッポロ(春)」(8回講座)を大通高校で開催します。

   

市内養蜂マップ